地域

消火訓練

消火訓練

(公開: 2014年4月21日 (月)

先日社内で消火訓練が行われました。 バケツリレーをしたり消火器を扱ったり、避難経路を通って避難訓練をしたりと小学校を思い出しました。 大事なことですが、楽しみながら覚えるのがいざという時に役に立つのじゃないのかな?と感じます。 私は中学生の頃に父親の転勤で引っ越しましたが、それまで家の斜向かいに消防署か消防団かが設置されており、通る度に真っ赤なはしご車が格好良く結構見ていました。 昔住んでいた所はすごく田舎で、消防署がなく消防団がはしご車を保有しているのも田舎ではよくあったことだそうです。 だから記憶が曖昧なのです。 そこで若い20代前半の男性達がしばしば訓練していたのですが、すごく楽しそうだったのが印象的でした。 消防車のホースを誰がいちばん早くに丸められるか、どこどこまでの距離を誰がいちばん早くに走られるか。 などといった簡単な訓練が記憶にあります。 そういった簡単な競争を楽しそうにこなす皆がキラキラしていて、なんだか羨ましかったのです。 話を戻しますね。 消火訓練の際、所属部署ごとに分かれて、訓練したのですが、重たい消火器をふたり一組で持ち上げ的に命中させる、といった射的のような感覚でした。 部長の合図で一斉に消火器が(中身はホンモノじゃありませんよ)撒かれ、ちょっとした快感があります。 私も×印の的に向かって撒いたつもりですが、畑仕事のおじいさんのように左右に振ってしまいました。 ホンモノだったらちょっとした粉雪が降った状態になったかもしれません。 結構難しかったです。 火消し屋や、消防士の方はこれの何十倍もの大きなホースで放水活動されているので、本当に体力のいる仕事だなあと感心しました。 その後は注意事項などの説明を受けて、タバコの不始末などは徹底するよう、給湯器のガスなどにも気をつけるように念押しをされました。 うちの会社の給湯室は年季が入っているので本当に気をつけなければいけませんね。 ちょっとした気遣いがアクシデントを防ぐので、皆さんも気をつけて下さい。 上大岡の美容室、美容院