ついつい使ってしまうリボ地獄

日刊紙の宣伝広告、スポーツ紙、繁華街に見られる宣伝チラシやダイレクトメールなどで「借金の整理やります」「債務をまとめたくありませんか」といったアピールを見かけることがよくあります。

こういうのは、「整頓業者」「買取人」「紹介者」という名称の悪徳業者の詐欺広告のときがあります。

それらを頼んだ場合では自己破産申請の流れの中で一番大切な免責許可をもらえない危険も存在します。

「整頓人」とは、DMなどで債務者を集め、すさまじい料金を取り借金整理をしますけれど現実には借金整理は行われないまま、負債人は一層の借金スパイラルに陥ってしまう結末が大方になります。

「買取業」というのは債務人のローンで、電気製品、何らかの券を山ほど購入させ、負債者からそれらの商品を買った値段の30%もしくは半額で引き取るという手法です。

債務者はその瞬間はキャッシュが増えますがそのうちカード企業から商品の完全な催促が届き、結局のところ借金額をアップさせる結末になります。

このときはクレジット会社へ詐欺ということになり免責許可をもらえません。

「紹介人」の場合、名の知れた貸金業者から借りられなくなった借金人に関して業者として融通は全然せずに、融通をしてくれる他の業者を知らせ、常識外の費用をもらうグループです。

直接の手続きで金貸しできたというふうに説明しますが実際は何もしないまま、種は簡単で調査のゆるめのサービスを伝えているだけというやり口です。

このケースだと結局のところ負債額を増大させる結末となります。
子供の借金を解決する方法