借金完済までの道のり

雑誌の折込広告、タブロイド紙、電柱に張り付けられた宣伝広告やDMなどで、「負債の整理整頓いたします」「負債をまとめたくないですか」などといった宣伝を目に入れることが多いです。

これらは、「整頓業者」「買取業」「紹介者」という通称の悪徳業者のだまし広告のときがあります。

それらを使った場合は自己破産申請フローの中で一番大切な免責承認を受けられない可能性が存在します。

「整理屋」の場合はDMなどで多重債務者を引きつけ、高額の料金を請求して債務整頓を行うのですが、実際は債務整理は行われないで、より一層の借金スパイラルにはまることがほぼ全部になります。

「買取屋」の場合カードで家電製品、何らかの利用チケットを多量に購入させて、債務人からその物品を定価の30%~額面半値で買い上げるというやり口が知られています。

債務者は短期には金銭が得られますがいつかクレジット会社から買ったものの全額の支払いが届き、結局は負債を増額させる結末になります。

この際はクレジットカード業者に対して詐欺であるとされてしまい免責がもらえません。

「紹介屋」というのは、大手貸金から拒絶された借金人に対し、自分では融通はしないでおいて、融資を受けられる関係無い企業を紹介して、高額な依頼料を取っている企業です。

紹介人は自らの努力で融通が受けられたかのように説明しますが、本当のところは何もしていなくて、シンプルに調査のゆるい会社を教えているというだけです。

この場合でも実際のところ負債額をアップさせる結果に終わります。
http://kaeshitai.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/